足底筋膜炎と呼吸の関係

多くの関節痛に共通すること、それは扁桃腺の機能が低下していることです。

扁桃腺は呼吸したときにカラダに入ってくるウイルスや細菌から身を守るために様々なはたらきをしています。

このはたらきと、関節痛は実は関係が深いんです。

口呼吸になっていませんか?

呼吸は人のカラダには欠かせない酸素を取り込む大事な行動ですよね。

カラダのエネルギーを作ったり、血液をキレイにしたり、細胞を再生させたり、老廃物の排泄をしたり、

ふだんはあまり意識することは少ないですが、とても重要なんです。

そして、意識してほしいことはひとつあります。

それはどこから呼吸して酸素を取り込むかです。

大事なことは鼻で呼吸をすること。

よく口で呼吸してしまう方がいますが、要注意です。

口は食べ物を食べて、胃に送るところ。つまりは消化器の一部です。

鼻は取り込んだ酸素を肺に送る呼吸器の一部です。

そして両者の大きな違いはフィルターがあるかどうかです。

外の空気は酸素だけでなく、細菌やウイルスもいます。

鼻にはこの細菌やウイルスをカラダに取り入れないようにフィルターが付いています。
酸素だけがカラダに取り込まれ、全身に送られます。

しかし、口にはフィルターはありません。
そのため、酸素と一緒に細菌やウイルスも一緒にカラダに取り込んでしまいます。

ウィルス・細菌の行方

ウイルスや細菌は天敵のいない、無菌状態のところを好んで繁殖しようとします。

カラダの中には無菌状態に近い箇所があり、それが関節の中なんです。

血中に入ったウイルス・細菌は無菌状態の関節の中で繁殖し、カラダはそれを追い払おうと炎症反応を引き起こします。

これが関節痛の共通する病態です。

また、ウイルス・細菌は関節だけでなく、肺や胃、肝臓やすい臓、卵巣や子宮、腎臓や膀胱などにも住み着き、炎症を引き起こす原因となる可能性があるの要注意です。

オファー

初診料  施術料 合計
3,000円(税別) 6,000円 (税別) 9,000円(税別)

電話

お問合せ

ライン

予約

このページの作成者について

院長

著者:榎本 雅治

略歴:足立区北千住の鍼灸院『北千住らっく鍼灸治療院』院長

痛くない鍼と優しい整体を組み合わせて即効性のある治療で身体の痛みを根本から解消するだけでなく、美容にも特化した技術で自己肯定感高めてもらい、毎日を笑顔で生活できるようにサポートする美と健康のスペシャリストです。