シンスプリント

シンスプリント

シンスプリント

ヘルモア

お悩み

レ点

施術の一例

シンスプリントの一般的な対処法

  • 物理療法
  • 薬物療法
  • 運動療法

シンスプリントになってしまったときの一般的な対処法は冷やす、ストレッチなどいくつかの方法が考えられます。

シンスプリントが起こる原因は筋肉が硬くなってしまうことが原因ですから、それを柔らかくして血流を回復して治療を促すことが重要になってきます。

すねの内側を氷などで冷やす、痛い部分を押したりストレッチしたりしてほぐす、練習中に負荷がかからないようにテーピングを巻く、靴にインソールを入れるのも対処法になります。

スネが痛みだした場合、まずは1度整形外科に行き診察を受けることをオススメしておきます。

シンスプリントとは?

シンスプリントは運動のやり過ぎによる起こる痛み(オーバーユース)です。特に走ったりジャンプするのががメインのスポーツをやっている方に多く見られるのが、「シンスプリント」別名「脛骨疲労性骨膜炎」と呼ばれる症状になります。
ふくらはぎの筋肉「ヒラメ筋」「後脛骨筋」「長趾屈筋」にランニングやジャンプで過度な負担がかかり痛みを発症します。
これはスポーツをしている最中やスポーツ後にふくらはぎの内側に慢性的な痛みが出てくることを指します。

シンスプリント

シンスプリントの原因

バレーボール

スポーツを日常的にやっている人は体に大きな負荷がかかっていますので、ケガや痛みが起こりやすくなります。しかし痛みやケガをそのまま放っておくと、痛みや炎症がどんどん強くなってしまいますので早めの対策が必要です。

 

シンスプリントの初期症状としては、すねの部分に痛みが出てきます。さらに痛みの出ているすねの部分を押してみると、骨にも痛みを感じます。また走ったり、ジャンプしたりといった動きをするとすねの部分が痛くなったりもします。

 

痛みの表れ方の特徴としては、運動をはじめると痛みが出てくる、運動して体が温まってくると痛みが緩和されてくる、運動が終わると再び痛みが出てくるなどです。

 

これらの症状に当てはまる点が見られたら、シンスプリントを疑ったほうがいいでしょう。そしてシンスプリントであることに気が付かずそのままほうっておくと症状がどんどん悪化してしまいます。

 

たとえば歩いたり立っていたりするだけでも強い痛みが出る、運動をしていない、歩いていないときでも痛みが出てくる、運動をしている間痛みが続く、運動に支障が出るほどの強い痛みが出てくるなど日常生活にも影響が出てくるようになります。

当院でのシンスプリントに対する施術

  • ヒラメ筋・後脛骨筋・長趾屈筋を緩める
  • 整体による痛みの緩和
  • 骨格の調整
  • 内臓の調整

なぜ当院があなたのシンスプリントを改善に導けるのか?

脈

当院では臨床経験16年のべ2,3000人の施術経験からシンスプリントの根本原因を探し出し改善していきます。人間には本来、自然治癒力というものが備わっています。これを阻害するものがあると身体に様々な病気が発症してきます。

 

この自然治癒力を妨げてる要因を取り除くことによってシンスプリントを改善へと導いていきます。また当院では患者様の病気だけを診るのではなく患者様そのものを診ます。「なぜシンスプリントになったのか?」「その背景には何があったのか?」などを診ていく事で根本からシンスプリントの痛みを改善していきます。

オファー

初診料  施術料 合計
3,000円(税別) 6,000円 (税別) 9,000円(税別)

電話

お問合せ

ライン

予約

メッセージ

推薦

違い

追伸

痛くない鍼と優しい整体を組み合わせた速効性のある施術で、痛みを根本から解消するだけでなく、美容にも特化した技術で自己肯定感高めてもらい、毎日を笑顔で生活できるようにサポートする美と健康のスペシャリストの榎本です。

あなたは鍼や整体にどんなイメージを持ってますか?

・痛かったらどうしよう・・・

・ちょっと怖いなぁ・・・

もし、こんな不安があっても大丈夫。ご安心ください。

当院の施術は、ほとんど痛みのない施術で、多くの方に「迷っていないで、早く受ければよかった」と喜ばれています。

1人で悩んだり我慢したりせずまずは私にご相談ください

責任を持ってお悩みを改善いたします

ご来院を心よりお増ししております。