かかとの痛み(セーバー病)

ヘッダー画像

ヘッダー画像

ヘルモア

お悩み

レ点

一般的な対処法

  • 休息と安静
  • 湿布を貼る
  • 超音波を使った治療
  • 非ステロイド性の抗炎症剤
  • テーピングや低周波

一般的な対処法としては、まずは休息と安静が必要です。ムリをして運動してしまうと、さらに足におおきな負荷がかかり炎症が悪化し、かかとにおきているダメージを回復させることができません。無理に動かそうとせずに、しっかりと足を休ませることが大切です。

痛みがひどい場合には、非ステロイド性の抗炎症剤を服用したり、湿布を張ることで、痛みを軽減する効果が期待できます。それでも痛みがひどい場合には、超音波を使った治療を行ったり、テーピングをしたり、器具を用いて治療を行う方法がとられます。

かかとの痛み(セーバー病)とは?

セーバー病

主に9歳から14歳ごろの子供に多く発症するスポーツ障害の一つに踵痛が挙げられます。特に強くぶつけたり、ひねったりした様子もないのに、朝起きた時に踵を痛がったり、スポーツの練習の最初だけ、もしくは終わってから踵痛があらわれるなど、このような表現により子供は痛みを伝えているでしょう。

 

発達段階の子供は踵の骨の先が柔らかい骨でできています。走ったりジャンプをしたり、足に力を入れて踏ん張るなどの力を入れることにって、筋肉はぎゅっと縮まります。

 

筋肉が縮まるたびに、踵の柔らかい骨は、ふくらはぎの筋肉や足の裏の筋肉に引っ張られてしまいます。踵痛は骨の周りについている薄い膜が引っ張られ続けることによって、炎症がおこり発生します。

かかとの痛み(セーバー病)の原因

バレーボール

9歳から14歳ごろはちょうど発育期に当たります。中学一年生から二年生の平均身長から、1年間で平均すると約7.3センチの身長が伸びることがわかります。筋肉は節の数を増やすことにより長さを伸ばしていくのですが、これが骨の成長に追いつくことができず、筋肉に柔軟性がなくなり、踵の骨の先の部分にかかる負担が大きくなっていきます。

 

さらに地面からの衝撃も関係しています。地面からの衝撃を吸収する土踏まずがしっかりと成長していない足で、スパイクをはいてトレーニングをしていることも原因の一つとされています。スパイクはトレーニングシューズの4倍以上の衝撃が足に伝わるといわれています。

 

このことから柔軟性の少ない筋肉や土踏まずの崩れ、スパイクによる衝撃などが組み合わさって、踵の痛みが発生するということになります。

当院でのかかとの痛みに対する施術内容

かかとの痛み(セーバー病)は当院が得意とする施術の1つです。かかとの痛み(セーバー病)を改善するには根本原因から改善する必要があります。当院では根本原因から改善して1日でも早く競技に復帰できるような施術をおこなっています。

 

  • かかと周辺の調整

かかとの痛みの原因になっている筋肉や骨格の調整を当院独自の整体で調整をおこなっていきます。

  • 骨盤のゆがみ調整

足の骨のゆがみや骨盤のゆがみを調整して再発しない体を作っていきます。

  • 内臓の調整

内臓にアプローチして内臓疲労を改善していきます

なぜ当院があなたのかかとの痛み(セーバー病)を改善に導けるのか?

当院では臨床経験16年のべ2,3000人の施術経験からセーバー病の根本原因を探し出し改善していきます。
人間には本来、自然治癒力というものが備わっています。これを阻害するものがあると身体に様々な病気が発症してきます。

この自然治癒力を妨げてる要因を取り除くことによってセーバー病を改善へと導いていきます。
また当院では患者様の痛みだけを診るのではなく患者様そのものを診ます。

「なぜセーバー病が起こったのか?」「その背景には何があったのか?」などを診ていく事で根本からセーバー病の痛みを改善していきます。

オファー

初診料  施術料 合計
3,000円(税別) 6,000円 (税別) 9,000円(税別)

電話

お問合せ

ライン

予約

メッセージ

推薦

違い

追伸

痛くない鍼と優しい整体を組み合わせた速効性のある施術で、痛みを根本から解消するだけでなく、美容にも特化した技術で自己肯定感高めてもらい、毎日を笑顔で生活できるようにサポートする美と健康のスペシャリストの榎本です。

あなたは鍼や整体にどんなイメージを持ってますか?

・痛かったらどうしよう・・・

・ちょっと怖いなぁ・・・

もし、こんな不安があっても大丈夫。ご安心ください。

当院の施術は、ほとんど痛みのない施術で、多くの方に「迷っていないで、早く受ければよかった」と喜ばれています。

1人で悩んだり我慢したりせずまずは私にご相談ください

責任を持ってお悩みを改善いたします

ご来院を心よりお増ししております。