膝の内側の痛み(鵞足炎)

鵞足炎

鵞足炎

コロナ対策

当院では新型コロナウィルス感染対策として

  • 手指消毒
  • 定期的な換気、湿度管理
  • マスクの着用
  • ベッド消毒

などを行っております。

詳しくは新型コロナウィルス感染対策ページをご覧ください。

ヘルモア

ご安心

当院には、膝の痛みでお悩みの方が多く来院されて、改善している事例が数多くあります。

膝の痛みはほっておくと重症化したり、慢性化して治りが遅くなってしまうことがあるので注意が必要です。一人で悩まずに、当院まで気軽にご相談ください。

痛みが取れてもスグに再発する事ってありますよね。膝は痛みを取っただけでは再発する可能性があります。

なぜなら膝痛の原因は膝だけにあるのではないからです。

膝痛の根本的な原因は「内臓の疲れ」と「体の歪み」さらに「自律神経の乱れ」です。当院ではこれらも同時に改善することで、膝痛を改善に導きます。

オファー

初診料  施術料 合計
3,000円(税別) 6,000円 (税別) 9,000円(税別)

電話

お問合せ

ライン

予約

鵞足炎(がそくえん)の一般的な対処法

  • 物理療法
  • 薬物治療
  • 運動療法
  • 装具療法

鵞足炎になってしまったらどのような対処法を取るべきなのかを知っておくと役立ちます。痛みはそのまま放っておいても改善することが難しいですから、適切な処置を受ける必要があります。

処置を受けるときには膝のどの部分が痛いのかをきちんと見極めることが、早期改善につながります。

 

膝が痛みだしたらまずは整形外科に行き診察を受けることをオススメしておきます。 整形外科での診断が、当院での施術(鍼灸・整体)の目安になります。

 

一般的には低周波治療によるマッサージなどが中心となります。鵞足炎は膝の内側周辺の筋肉が固まることによって起こりやすくなりますので、堅くなった部分をマッサージで和らげることで症状緩和を試みます。

鵞足炎(がそくえん)とは?

鵞足炎(がそくえん)とは膝の内側が痛くなる症状のことを言います。膝の内側のことを鵞足と呼ぶのですがそこに痛みが出てしまうため、鵞足炎と呼んでいます。
 
 
スポーツをやっている方に多く見られる症状のひとつです。最初はスポーツをしていると膝が痛むと感じるのですが、そのまま無理をして過ごすと今度はスポーツをしておらずじっとしていても痛みが出てくるようになってしまいます。

鵞足炎(がそくえん)の症状

膝

膝に痛みが出るといっても痛む部分は人それぞれ異なるでしょう。鵞足炎で痛みが出てくるのは膝の内側のみになります。鵞足炎になることにより、膝の他の部分にまで痛みが広がるということもありません。

たとえば膝の内側に痛みがあるけれど、膝の他の部分も痛い、関節が腫れるなどの症状が出ている場合は鵞足炎ではなく他の病気が考えられます。鵞足炎の痛みの表れ方ですが、スポーツ時に痛むことが多いですね。

 

運動をはじめたときはそれほど強い痛みはないのですが、段々と膝の内側の痛みが強くなってくるのです。またこれはあくまでも一般的な痛みの表れ方であり、人によって痛みの表れ方が異なることもあります。

 

運動しているときは痛みがそれほど強く出ないのに、運動が終わると強い痛みが出るケースもあるのです。実際に膝の内側を押してみると強い痛みを感じます。

鵞足炎をそのまま放っておくと、炎症がどんどん酷くなってしまって膝の内側が腫れてくることがあります。また実際に鵞足炎になっていることに気が付かない隠れ鵞足炎も多いのが現状です。

当院の施術法

  • 骨盤や腰椎のバランス調整
  • 鵞足炎(がそくえん)の原因となっている筋肉を緩める
  • 内臓へのアプローチ

なぜ当院があなたの鵞足炎を改善に導けるのか?

鍼

当院では臨床経験16年のべ2,3000人の施術経験から鵞足炎(がそくえん)の根本原因を探し出し改善していきます。

 
人間には本来、自然治癒力というものが備わっています。これを阻害するものがあると身体に様々な病気が発症してきます。この自然治癒力を妨げてる要因を取り除くことによって鵞足炎(がそくえん)を改善へと導いていきます。
 
また当院では患者様の病気だけを診るのではなく患者様そのものを診ます。「なぜ鵞足炎(がそくえん)がになったのか?」「その背景には何があったのか?」などを診ていく事で根本から鵞足炎(がそくえん)の痛みを改善していきます。

オファー

初診料  施術料 合計
3,000円(税別) 6,000円 (税別) 9,000円(税別)

電話

お問合せ

ライン

予約

他院との違い

違い

安心の国家資格治療院

○当院は厚生労働省認可の国家資格保有者が施術します

鍼灸治療院を開くには、国家試験を受ける必要があります。
院長は医療専門学校で3年間、病院の先生も学ぶような解剖学や生理学・病理学、更に経絡経穴理論・東洋医学を学び、国家資格を取得しております。

  • 灸
  • 鍼

違い

痛みを最小限に抑えた施術

鍼

当院で使用する鍼は痛みを最小限に抑えたシリコンコーティングされた極細の日本製の使い捨て鍼を使います。

 

鍼をするときには、いきなり肌を刺激せず、まず左手で優しく肌を押さえ、鍼管(しんかん)というチューブを当ててから、刺激を最小限に抑えて鍼を肌に入れます。

 

このテクニックは、鍼管(しんかん)法といわれ、江戸時代に日本人が開発し、痛みを抑えソフトに針刺激できるテクニックとしてアメリカ、フランス、イギリス、韓国など世界に広がっています。

違い

個室なので誰にも話を聞かれず、何でも相談できます

カウンセリング

当院では、熟練されは技術の他にカウンセリングをとても重要視しています。

カウンセリングで悩みやストレスを出すことで、スッキリでき施術の効果も上げることが出来ます。カウンセリングにはヒーリング効果があると思っています。なので当院の鍼施術ではカウンセリングを重視し、あなたの悩みをいち早く解決していきます。

違い

簡単にできる、再発防止のアフターフォロー

セルフケア

治療後のセルフケアも患者様の状態に合わせたものを丁寧に説明して提案させていただきます。

 

また患者様から「どのくらいの間隔でくればいいのかわからない」という質問があります。

 

当院では患者さまの身体の状態をみて最適な間隔を提案させていただきますので安心しておまかせください。

違い

初診から施術まですべて院長が担当します

脈診

鍼灸治療院や整体院に行き「前回と担当者が違う」という事ありませんでしたか?

当院の施術は全て、16年の臨床経験で延べ2,3000人以上の施術を行った、経験豊かな院長がすべて行います。
「また担当者が変わって施術法が微妙に違う…」といった事はございませんのでご安心ください。

推薦

施術の一例

追伸

痛くない鍼と優しい整体を組み合わせた速効性のある施術で、痛みを根本から解消するだけでなく、美容にも特化した技術で自己肯定感高めてもらい、毎日を笑顔で生活できるようにサポートする美と健康のスペシャリストの榎本です。

あなたは鍼や整体にどんなイメージを持ってますか?

・痛かったらどうしよう・・・

・ちょっと怖いなぁ・・・

もし、こんな不安があっても大丈夫。ご安心ください。

当院の施術は、ほとんど痛みのない施術で、多くの方に「迷っていないで、早く受ければよかった」と喜ばれています。

1人で悩んだり我慢したりせずまずは私にご相談ください

責任を持ってお悩みを改善いたします

ご来院を心よりお増ししております。