足底筋(腱)膜炎・冷やすの?温めるの?

足底筋膜炎

足底筋(腱)膜炎は冷やすの?温めるの?

足底筋(腱)膜炎は炎症の炎という文字が付いているので、多くの方が冷やしたほうがいいと思ってる人が多いですが、実は温めた方がいいです。なぜなら、足底筋(腱)膜炎は急性炎症ではなく、慢性炎症だからです。

 

慢性炎症などは、アイシングで冷やすよりも、ホットパックなどで温めて血液の循環をよくしてあげたほうが、根本的には良くなっていきます。

どういう時に冷やすのがいいのか?

実は急性的な足底筋(腱)膜炎というのがあります。普段は全く痛みがなかった足の裏が、急に痛くなったり座っていてもズキズキと痛い、寝ていてもズキズキと痛い。そのような症状が続くようなら、一時的にに冷やしてください。ですが基本的には温めてください。

 

足底筋(腱)膜炎になったらまずは温めてください。温めて逆に痛みが強くなる場合は、炎症が強いので冷やしてください。

オファー

初診料  施術料 合計
3,000円(税別) 6,000円 (税別) 9,000円(税別)

電話

お問合せ

ライン

予約

このページの作成者について

院長

著者:榎本 雅治

略歴:足立区北千住の鍼灸院『北千住らっく鍼灸治療院』院長

痛くない鍼と優しい整体を組み合わせて即効性のある治療で身体の痛みを根本から解消するだけでなく、美容にも特化した技術で自己肯定感高めてもらい、毎日を笑顔で生活できるようにサポートする美と健康のスペシャリストです。