眼精疲労と頭痛

頭痛

今の時代、パソコンやスマートフォンは仕事をするにも私生活でも使わなければ生活しにくい状況となっていますよね。そのせいもあり、眼精疲労や頭痛に悩まされている人がとても多くなっています。

パソコンやスマートフォンは画面からブルーライトが発生されているのですが、このブルーライトが目や頭に影響を与えると言われています。ブルーライトというのは光の波長が短く、とてもエネルギーが強いため角膜を傷つけてしまいます。長時間このライトを見続けると眼精疲労や頭痛の原因となり、ピントを合わせるためにも目を酷使することになってしまい、どんどん症状が悪化してしまうことになるのです。

仕事だけでも6時間から7時間ほどパソコンやスマートフォンを使用しているのに、さらにプライベートでも使用していると起きている時間ほとんどをブルーライトの光を浴びている事にになります。これでは目が悪くなってしまったり、疲れたり頭痛の原因にもなってしまいますよね。

仕事で使用するのは仕方ないですが、プライベートでは少しでもPCやスマートフォンを使用しないように努力する必要があります。またPCやスマートフォンを使用する際はなるべく画面に近づかないように最低50㎝は離して見るようにしましょう。特にスマートフォンは画面からの距離が近くなりやすく、文字が小さいのでより近づきやすので注意しましょう。

違い

推薦

メッセージ

オファー

初診料  施術料 合計
3,000円(税別) 6,000円 (税別) 9,000円(税別)

頭痛・偏頭痛について詳しくはこちら

頭痛・偏頭痛

この記事に関する関連記事